先日、毎年開催されている日本政府主催イベント「国際女性会議 WAW! 2016」(World Assembly for Women)に、ある政府関係者から突然のご招待を受けまして、少しの時間ですが急きょ視察させていただきました。

2日間に渡り都内のグランドプリンスホテル新高輪で開催されましたが、安倍総理夫妻や加藤勝信女性活躍担当大臣を始め、国連総会の補助機関の女性総裁たち、各国の女性大臣、有名な大手企業の女性幹部、大学の女性教授、非営利団体の女性会長・高幹部らが各国から集結し様々な女性問題に関してディスカッションを行なっていました。たまたま私の知り合いの女性パネリストが数多く参加されており、女性パワーを肌に感じ、女性問題についてとても勉強になり有意義な時間となりました。

ちょうど先日、私の妻のニア・ライトがコロンビア国連政府代表部の国連大使から招待を受け、非営利公益法人米国コヤマダ国際機構(KIF)を代表してニューヨークの国連本部を訪問していました。国連総会の補助機関の国連ウィメン(UN Women)とコロンビア国連政府代表部が共催イベント。ニアは、国連内で国際女性問題を話し合うセッションに2時間前後参加し、質疑などをしておりました。

KIFでは、女性が夢を追うことができ、社会的生活を改善するため、女性に対するあらゆる形態の差別と暴力を撤廃し、女性の権利を促進し、擁護支援することを目的とした新プログラム「KIF Women」(KIFウィメン)を設立しました。

そのプログラムの一環として早速、ニアは国連本部へ、私は日本政府主催の「WAW! 2016」へ飛び入り参加しました。来年度からは、KIF、KIFジャパン、KIFコロンビアを通じてアメリカ、日本、コロンビアを中心に関係団体と連携して女性イベントに積極に参加していきたいと考えています。

ニア・ライトの国連の参加模様
https://www.facebook.com/NiaLyteShow/posts/10154767528883866