先日、あるビバリーヒルズの豪邸で開催されたプライベート招待制政治資金パーティーに声をかけられ、顔を出しに行きました。今回は、ミネソタ州選出のエイミー・クローブシャー米国上院議員をご招待して、数時間交流会。

民主党のクローブシャー議員は、2007年から現役アメリカ上院議員を務めているベテランのスロベニア系アメリカ人3世。

パーティーには、50名前後のエンターテイメントと政界に関係する方達が集まりました。立食を楽しみながら、主催者であり友人のある女性から挨拶のスピーチが10分前後あり、その後、クローブシャー議員から今の政権の話や彼女自身の政治活動や取り組みについて30分前後話がありました。

その後、質疑応答を参加者から受け15分前後、うまく対応していました。さすがにベテラン上院議員ともあり、話の内容もしっかりしており、考え方も一味違って感じました。とても勉強になりました。

その後、一対一でクローブシャー議員と5分前後立ち話をする機会をいただき、日米間に関して色々お話をしていただきました。短い間で色々話を伺いましたが、彼女は同じ地元ミネソタ州出身で、アメリカ副大統領と駐日アメリカ大使を歴任したウォルター・モンデール氏のことを嬉しそうに語っていたのが印象的でした。その気持ちもわからないこともないです。

彼女の上院議員再選挙は、まだ先ですが、選挙が近くなればまたビバリーヒルズに戻ってくると思いますし、ワシントンDCでも、ハリウッド業界の一員として今後も何度かお会いすることになるかと思います。まだ、年齢も50代半ばのベテラン議員、これからの飛躍を楽しみにしてます。

米国政界とハリウッド業界の関係、いつもこのような現役の国会議員や米政府高官からプライベートな場で貴重な話と意見交換の場をいただき友人たちに感謝しております。