先日、サンノゼ市と地元岡山市の姉妹都市60周年記念行事がサンノゼ市役所で開催され、3泊4日で妻と一緒にロサンゼルスから応援に駆けつけました。1957年に姉妹提携。日本で3番目の海外姉妹都市提携だそうです。昨年からサンノゼ市から招待をいただき、1年近くかけて準備してきました。

ロスから車で、5時間近くかけ北上しました。途中に知り合いが住んでいるペブルビーチに立ち寄りました。ペブルビーチは、ゴルフで有名です。昔は年に数回は訪問していたペブルビーチの隣町の有名観光地のモントレー市に行き、当時知り合いがイタリアンレストランを経営していた海岸沿いの有名観光地のキャナリー・ロウ通りで昼食。ちょっと風変わりしていて、久しぶりに行ったので食事後は散策。近くには、モントレー水族館もあります。

2009年に、サンノゼ市が岡山市と姉妹都市ということを知り、早速サンノゼ市役所へ足を運び、同市の姉妹都市関係者と面談し、サンノゼ市を観光しました。

初日は、サンノゼ市役所で旗揚げがあり妻と顔を出しに来ました。岡山から大森市長をはじめ、市議会議員や企業団体の代表者たちなど100名以上が来られていました。普段、岡山でお世話になっている知り合いの方達がたくさんおり、まさかサンノゼ市でお会いできるとは夢にも見ていませんでした!サンノゼ市からは副市長や市議会議員、全米国際姉妹都市協会の会長、文化団体や在サンフランシスコ日本総領事など全員で200名前後の方達が式典に参加していました。まさか、岡山市の旗をサンノゼ市で観れるとは思っていませんでした!

その後、屋内へ移動し簡単なレセプションに足を運びました。そこには、岡山市内の中学校から取り寄せた在校生の絵が展示されていました。私が卒業した中学校の絵もあり驚きました!

その後は、サンノゼ市中心部を始めてゆっくり散策しました。ロスと比べてゆっくりした時間の流れで、岡山市と似た路面電車があちらこちらに走り、落ち着いた、綺麗な街だなと感じました。